something sometimes koharu0827.exblog.jp

2017年


by koharu
プロフィールを見る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

大事なことは



b0071510_15125952.jpg

4年使い続けていた息子くんのリュック、
とうとう肩ベルトがちぎれてしまった(笑) ので、新調しました。
今時の学生はとにかく荷物が多くて重い!
ハードな生活に耐えそうな丈夫な生地、容量、大きさ、撥水加工。
いくつかピックアップしたリュックの中から、息子くんが最終的に選びました。
たっぷり入れても大丈夫♪
大きさも、175cmの背中にピッタリでした。






中学校最後となる行事、秋の合唱コンクール。
朝と放課後に練習してきた成果を 保護者や地域の方たちの前で発表するのです。


思春期の子どもたち、難しいお年頃。。
練習では みんなの意気が合わず、ワサワサして まとまらなかったり、
男子パート、女子パート、波乱万丈。。。
各パートリーダーも お手上げ状態のこともあったとか。
それも本番4日前の話。
「ちゃんと声だそうや!」「最後なんで!」  みんな目を覚まし、
残り数日は昼練習も追加して、本番を迎えたらしい。

当日のステージは素晴らしいものでした♪
息子くんたちのクラスは、なんと金賞を受賞!
泣いてる女の子たちを見て胸がいっぱいになってしまった母。。(;_;)
ステージの上で、クラス代表の子がトロフィーを受け取ったとき、
「せ~のっ」で、クラスのみんな声を合わせて
担任の先生に向かって「 ○○先生、ありがとうございました!」と叫んだ。
ビックリ驚く先生も、思わずニッコリ♪

いいな~。
一生懸命な姿はやっぱり素敵だ。
結果はなんであれ、それまでの過程が大事なんだよね。
大人になっても みんなで歌った曲は忘れないものだよ♪
どの学年もクラスも素敵な歌声でした♪

審査委員代表の先生が、評価の際 こんなことを話されてました。

「 合唱教育が昔からずっと続いているのは何故だかわかりますか?
それは、仲間との絆を深めるためです。
みんなで ひとつのことに取り組み、完成させる。
意見を出し合い、ぶつかり、試行錯誤し、何度も合わせてやってみる。
みんなで ひとつのことを完成させるのは容易でないが、
それが出来たとき、君たちは うんと成長しているのです。」




[PR]
by koharu827 | 2015-11-03 21:45 | 日々