something sometimes koharu0827.exblog.jp

地球の創世と破壊が見られる場所


b0071510_10568.jpg

海底噴火でできたハワイ諸島の中のひとつ
ハワイ島を " エコ大紀行 " でやっていました。

マグマ活発な火山から 溶岩は海へと流れ出し、少しずつ島の形を変え、面積を広げている。
冷えて かたまった溶岩大地は、一面が凸凹、アスファルトのように黒い。
一方、現在は活動していない昔の火口周辺には
ひょっこり顔を覗かせている植物や、緑や森がある。
植物たちは隔絶された島に どうやって渡ってきたのか?
ガイドさんが 「種の渡り方」 を指を3本立てて説明していました。
ひとつは WIND(風)、もうひとつは WAVE(波)、そしてあとひとつは WING(翼=鳥)。
立てた3本の指を正面から見ると「W」、3つ合わせて3W (スリーダブリュー)という。
この奇跡的な偶然によって、
8万年に1種の植物が 風にのり、波に浮んで、鳥たちによって
4,000kmの海原を渡ってやってきたんだそうです。


[PR]
by koharu827 | 2009-01-29 14:31 | つぶやき